不動産投資 Q&A

Question and Answer

賃貸管理・建物管理に関して

賃貸管理・建物管理に関して

Q)建物管理は具体的に何をしてくれますか?

A)管理組合の運営、マンションのメンテナンス、大規模修繕計画などを行います。

基本的に建物の管理は区分所有者によって組成される管理組合によって行われますが、プロパティエージェントではその管理組合から業務委託を受ける形で管理を行います。

マンションは経年につれて必ず劣化していきますし、エレベーターや自動扉などの点検や共有部の設備交換は必要になってきます。日常の共有部清掃から大規模修繕に至るまで、プロパティエージェントで請け負っておりますのでご安心ください。オーナー様の資産を中長期に渡って、資産価値維持が出来るようにメンテナンスもお任せ頂ければと思います。

関連記事:実は損しているかも?不動産投資の建物管理における過剰請求とは

賃貸管理・建物管理に関して

Q)賃貸管理は具体的に何をしてくれますか?

A)入居者の募集・審査・契約、退去時のクリーニング、クレーム対応、設備交換手配などです。

プロパティエージェントでは賃貸管理形態は下記の2パターンがございます。

・集金代行
・家賃保証

2パターンとも入居者の募集・審査・契約、退去時のクリーニング、クレーム対応、専有部の設備交換手配など、入居者に関することやお部屋の中のことについては全て対応させていただきます。この2パターンの違いは「空室時の家賃の保証の有無」と「手数料」の違いです。

家賃保証の場合、プロパティエージェントがお部屋を借り上げさせていただくという形となりますので、実際に入居者がいてもいなくても毎月オーナー様に保証家賃をお支払いさせていただきます。この際、家賃の10%を賃貸管理手数料としていただいております。一方、集金代行の場合は家賃の保証はついておりませんが、3.5%の賃貸管理手数料で管理をさせていただきます。

プロパティエージェントは高い入居率を維持しているということもあり、ほとんどの方は集金代行をお選びになっておりますが、集金代行から家賃保証へ、家賃保証から集金代行へ途中で切り替えることも可能です。ご状況やご意向に沿ってお選び頂けます。

プロパティエージェント入居率実績はこちらからご覧いただけます。

関連記事:不動産サブリースって儲かるの?契約前に確認しておきたい注意事項解説

関連記事:賃貸管理会社選びは、チェック項目3点を確認しよう

賃貸管理・建物管理に関して

Q)入居者の募集、退去時のクリーニング、室内の設備の故障・交換はオーナーがするのですか?

A)賃貸管理会社に任せる場合は、オーナー様は得に何もしません。

普段お仕事をされている方であれば、入居者の募集、退去時のクリーニング、設備交換の手配など、いわゆる大家さんとしての業務をすることは非現実的かと思います。ですので、ほぼすべてのオーナー様がプロパティエージェントに賃貸管理を委託して頂き運用をされています。面倒な手間はプロパティエージェントにお任せ頂き、お仕事や趣味、ご家族とのお時間を優先して頂いております。

関連記事:自主管理と管理委託、どっちがいいの?物件の管理方法について解説