Q)株やFXの利回りに対して、不動産投資の利回りが3~4%ではメリットを感じないのですが?

A)不動産投資は「短期的な利回り」で見ると株やFXに劣ります。

株やFX等の運用商品に対して、不動産投資の最大のメリットは、自己資金(元手)をあまり使わずに投資を始められることです。現状、あまり多くの資金が無い方でも、ご自身の社会的信用力(与信)を活用することにより、効率的な運用が可能となります。また株やFXは、為替の変動やリーマンショックなどの経済危機の影響を受けやすいですが、不動産投資は、人口の推移、立地の選定、リスクをしっかり見極めておけば不動産の価値や賃料が一気に半分以下になってしまうような事は考えにくいです。

どちらが優れている、劣っているかではなく、リスクを取ってでも「短期的」にリターンを狙った投資を実践したいのか、もしくは、手元の資金をあまり使わずに、ある程度リスクをコントロールしながら「長期的」な視点で資産形成を行っていきたいのか次第で投資商品は選ぶと良いでしょう。

東京23区内での単身者用マンションの不動産投資は非常に安定していると言えます。今後も単身者・単身世帯数は上昇し、23区内でも2035年に単独世帯の比率が50.2%と半数を超えるとみられる地域もあります。ですので、良い立地に建てられていて、良いグレードのマンションであれば、この先も空室リスクを最大限に抑えて不動産運用をすることが出来ます。
年金の大幅な減額が懸念されている今、老後に向けた資産形成の選択肢として不動産投資は最適なのではないでしょうか。

関連記事:国内不動産投資マーケットから見た東京の魅力

資料請求・お問い合わせ頂いたお客様に
「失敗しない不動産4点セット」プレゼント!!

①書籍 ②動画カスタマーズレポート ③エピソードブック ④最新優良投資物件情報
プロパティエージェントでは専任のアドバイザーが不動産投資に関する相談を承っております。
まずは資料請求をして、疑問に思っていることや分からないことなどお気軽にお問い合わせください。

今だけ「失敗しない不動産投資4点セット」をもれなくプレゼントいたします。