Q)空室が心配です。対策はありますか?

A)東京23区の駅徒歩10分以内の単身者用マンションを持ちましょう。

当然ですが、賃貸需要が高く、維持できるエリアに物件を所有することです。現在、東京では東京駅周辺、渋谷、山手線新駅、虎ノ門、赤坂などあらゆるエリアで再開発が行われております。また企業の本社数や求人数も多く、外国人留学生も増加していますし、外資系企業の誘致や、ビジネスマンの誘致が行われています。

つまりヒト・モノ・カネが東京に一極集中しています。ヒトが集まってきているにも関わらず、東京23区のほとんどが「ワンルームマンション規制」という規制を設けており、単身者用のワンルームが建ちづらい状況になっています。

ワンルームマンションは需要が高いものの、供給が増えづらい「東京23区」は空室になりづらいと考えられます。とはいえ、入居を付ける「賃貸管理会社」の選定も非常に需要です。賃貸管理会社によっては、賃貸付けの実績や入居率が異なるので、その管理会社の入居率を確認し、中長期的に安定した入居を確保出来るようにしましょう。それでも心配な場合は「家賃保証制度」をおすすめします。家賃保証制度であれば、入居者がいてもいなくても保証がされるので検討されてはいかがでしょうか。

関連記事:家賃保証は必要?!人口推移と不動産の関係性
関連記事:東京ワンルームマンションを勧める3つのワケ!!

資料請求・お問い合わせ頂いたお客様に
「失敗しない不動産4点セット」プレゼント!!

①書籍 ②動画カスタマーズレポート ③エピソードブック ④最新優良投資物件情報
プロパティエージェントでは専任のアドバイザーが不動産投資に関する相談を承っております。
まずは資料請求をして、疑問に思っていることや分からないことなどお気軽にお問い合わせください。

今だけ「失敗しない不動産投資4点セット」をもれなくプレゼントいたします。