Q)既に住宅ローンなどの借入があるのですが、さらにローンを組めますか?

A)融資条件がクリアしていれば可能です。

金融機関は主に3つの指標を基に融資の可否を決めています。主な3つの指標とは下記の通りです。

① 長期間安定した収入を見込める会社員や公務員
金融機関はサラリーマンや公務員の方々は「安定した収入を得られる」とみなし、融資においては好条件になることが多いです。一方、いくら高い収入であったとしても個人事業主の方々はその安定性が不安視され融資不可となるケースもあります。

② ワンルームマンション購入の融資の場合、借入れの総額が年収に対して8倍~12倍
例えば年収700万円の方であれば、ワンルームマンション購入の場合は5,600万円~8,400万円の範囲内であれば融資が可能と言われています。

③ ワンルームマンション購入の融資の場合、年間での借入れの総返済額が年収に対して35%~40%
例えば年収700万円の方であれば、ワンルームマンション購入の場合は年間の総返済額が245万円~280万円の範囲内であれば融資が可能と言われています。

ただし、上記で述べた融資条件は一般的な金融機関によるものです。また金融機関によっても条件に差があることはご承知おきください。

なおプロパティエージェントは東証一部に上場していることもあり提携金融機関の数は業界でも随一です。正確なご算出を希望される方はこちらよりお気軽にお問い合わせ頂ければあなたに合った融資条件や物件購入シミュレーションをご案内させていただきます。

関連記事:不動産投資ローンの審査をクリアできる方法は?
関連記事:不動産投資で融資を受けるためのポイントとメリットとは

資料請求・お問い合わせ頂いたお客様に
「失敗しない不動産4点セット」プレゼント!!

①書籍 ②動画カスタマーズレポート ③エピソードブック ④最新優良投資物件情報
プロパティエージェントでは専任のアドバイザーが不動産投資に関する相談を承っております。
まずは資料請求をして、疑問に思っていることや分からないことなどお気軽にお問い合わせください。

今だけ「失敗しない不動産投資4点セット」をもれなくプレゼントいたします。