不動産投資 Q&A

Question and Answer

ローン・お借入に関して

ローン・お借入に関して

Q)金融機関の選定や、購入サポートはありますか?

A)はい、徹底してサポート致しますのでご安心ください。

プロパティエージェントは東証一部に上場していることもあり提携金融機関の数は業界でも随一となっており、お客様に合わせたベストな金融機関をご紹介することが可能です。もちろん、融資が実行されるまで徹底的にサポートをしておりますので借入れをされたことが無い方でも安心してお任せください。

また融資実行後も、ローンの借り換えなどの相談にも対応させていただきます。

ローン・お借入に関して

Q)自己資金があまりないのですが、投資用不動産を購入できますか?

A)条件次第では10万円からスタート可能です。

不動産投資を行う目的によって、自己資金を投じた方がいいのか、なるべくフルローンにした方がいいのかは変わってきます。例えば、家族の為に生命保険効果(団体信用生命保険)を出すのであればフルローンを、ある程度の自己資金があり金利上昇や空室リスクを抑えたい場合はローン額を少なくした方が賢明です。

その他、「変動金利」と「固定金利」どちらを選べばよいのか、ローン期間は何年にするのが最適なのかなど、初めて不動産投資を実践しようとしている方からすると、分からないことばかりかと思います。

ここで重要になってくるのが、ご自身のご状況、お考え、投資目的、ローン返済の資金計画の相談にしっかりと乗ってくれるプロの担当者がいることです。どういった形で購入前から購入後までサポートをして貰えるのか確認しましょう。
プロパティエージェントでは、お一人お一人の条件やご意向に沿ったプランニングをさせて頂いておりますので、ご無理のない運用方法で不動産投資のお手伝いをさせて頂いております。

関連記事:目的や年齢によってローンの組み方を考えよう!不動産投資ローンの組み方の種類

ローン・お借入に関して

Q)既に住宅ローンなどの借入があるのですが、さらにローンを組めますか?

A)融資条件がクリアしていれば可能です。

金融機関は主に3つの指標を基に融資の可否を決めています。主な3つの指標とは下記の通りです。

① 長期間安定した収入を見込める会社員や公務員
金融機関はサラリーマンや公務員の方々は「安定した収入を得られる」とみなし、融資においては好条件になることが多いです。一方、いくら高い収入であったとしても個人事業主の方々はその安定性が不安視され融資不可となるケースもあります。

② ワンルームマンション購入の融資の場合、借入れの総額が年収に対して8倍~12倍
例えば年収700万円の方であれば、ワンルームマンション購入の場合は5,600万円~8,400万円の範囲内であれば融資が可能と言われています。

③ ワンルームマンション購入の融資の場合、年間での借入れの総返済額が年収に対して35%~40%
例えば年収700万円の方であれば、ワンルームマンション購入の場合は年間の総返済額が245万円~280万円の範囲内であれば融資が可能と言われています。

ただし、上記で述べた融資条件は一般的な金融機関によるものです。また金融機関によっても条件に差があることはご承知おきください。

なおプロパティエージェントは東証一部に上場していることもあり提携金融機関の数は業界でも随一です。正確なご算出を希望される方はこちらよりお気軽にお問い合わせ頂ければあなたに合った融資条件や物件購入シミュレーションをご案内させていただきます。

関連記事:不動産投資ローンの審査をクリアできる方法は?
関連記事:不動産投資で融資を受けるためのポイントとメリットとは