「かぼちゃの馬車」事件の実態

「かぼちゃの馬車」事件の実態

最近世間を騒がせた「かぼちゃの馬車」事件。
シェアハウスの建設・管理に関わる企業が経営破綻しシェアハウスのオーナーへの賃料が未払いとなったこの事件では、個人投資家を相手としたサブリース契約の背後に、企業側が搾取する構造が見受けられました。この記事では、「かぼちゃの馬車」事件の事実、背景、問題を踏まえ、不動産投資において被害者とならないための方法を考えます。

安心・安全。入居率99.5%以上の不動産投資をご希望の方はこちらから。今なら「不動産投資の基本がわかる書籍」等プレゼント中です。

「かぼちゃの馬車」事件とは?

「かぼちゃの馬車」事件とは、スマートデイズという企業によるシェアハウスのサブリース事業が破綻し、物件のオーナーへのサブリース賃料が未払いとなった事件です。まずはシェアハウスの概要やサブリース契約の仕組み、破綻の経緯を見ていきましょう。

「かぼちゃの馬車」とは

「かぼちゃの馬車」は、スマートデイズという企業が展開していた女性専用シェアハウスのブランドネームです。家賃は管理費を含めて4万円程度に設定されており、主なメリットとしては敷金・礼金・仲介手数料がかからないこと、個室にはベッドや冷蔵庫といった必要設備が用意されていること、インターネットや光熱費は管理費に含まれていることが挙げられます。

このように生活に必要な設備が全て整っていることから、トランクひとつで即入居できることをアピールし、地方から上京する女性をターゲットとして展開されていました。

ただし個室はほとんどの物件で5畳未満と非常に狭く、共用部にはリビングのようなくつろげるスペースは全くありませんでした。そのため、平米単価では周辺のワンルーム物件と比較すると非常に高額でした。

サブリース契約とは

スマートデイズは副収入を得たい会社員などを対象とし、この「かぼちゃの馬車」の不動産の建設から賃貸の管理運営までを請け負うサブリース契約を結んでいました。

このサブリース契約とは、会社側が不動産のオーナーから部屋を一括して借り上げ、入居者へ貸し出してその管理・運営を行い、手数料を差し引いたサブリース賃料をオーナーへ支払うシステムのことです。このサブリース契約によって、オーナー側は賃料の一部を会社側へ渡すことと引き換えに管理の手間が省け、空室で家賃収入を得られなくなるリスクを負わずに済むというメリットがあります。

関連記事:本当に安心?家賃保証契約(サブリース)の落とし穴

スマートデイズによる「かぼちゃの馬車」のサブリース契約は、「頭金なしで投資でき、30年間の家賃収入を保証」を謳い文句としていました。

「かぼちゃの馬車」の破綻

2018年1月、スマートデイズから不動産のオーナーへのサブリース賃料の支払いが困難になり、その後スマートデイズは経営破綻しました。負債総額は2018年3月末時点で約60億円にものぼったとされており、2018年4月には東京地裁に民事再生法の適用を申請したものの棄却され、破産手続きに移行しています。サブリースによる賃料の支払いが滞ったことで、高金利のローンを組んでいたオーナーは融資した銀行への月々のローンを返済することができなくなり、多くのオーナーが自己破産を強いられたか、もしくは自己破産目前の状況に置かれました。

スマートデイズの経営破綻の直接的な原因は、資金繰りの悪化にあります。「かぼちゃの馬車」は近年急速に物件数を増やしていましたが、実態としては、物件数の増加に見合うほど入居者数は追いついていなかったのです。シェアハウスのサブリースによる利益だけでは赤字の状態でした。

「かぼちゃの馬車」事件の背景

それではなぜ、赤字でありながら物件数を増やし続けた末、このような破綻に至ったのでしょうか。背景には、建築会社や銀行の存在が潜んでいました。

建築によるキックバック

スマートデイズは「かぼちゃの馬車」の建築を発注する建築会社から、建築費の50%をコンサルティング費用などの名目で受け取っていたことが判明しています。つまりスマートデイズは建築費のうち半額しか負担していなかったのです。これはキックバックと呼ばれるもので違法というわけではなく、企業のコンプライアンスに任されています。しかし一般的にはキックバックされていたとしても2〜3%程度の場合がほとんどです。50%ともなると、本来はもっと安い建築費で建てられたはずの物件だった、ということになります。

このように嵩上げされた建築費を元にした物件購入価格はスマートデイズの利益が相場より大きく上乗せされた状態であり、サブリース契約を結ぶオーナーはかなり割高な不動産を買わされていたことになります。以上から、スマートデイズはシェアハウスを次々と建築し、オーナーへの販売による利益をサブリースによる赤字の穴埋めに使う、綱渡りの経営を行っていたと考えられています。

そんな中、多くの投資家の融資元となっていたスルガ銀行が融資の方針を変えたことにより資金繰りが困難になり、「かぼちゃの馬車」の経営の破綻が明るみに出たのです。

スルガ銀行による融資

先述の通り、「かぼちゃの馬車」のシェアハウスは実際の価値から水増しされた価値が疑わしい物件となっていました。しかしそのような物件への投資に対して、素人の個人投資家でも簡単に融資を受けられる状況がありました。

スマートデイズの社員はオーナーの資産状況に関するプロフィールシートなどの融資審査書類を書き換えており、さらには「かぼちゃの馬車」のほとんどの融資を行っていたスルガ銀行の横浜東口支店もそれを黙認してローンを組んでいた可能性が高いと報道されています。つまり、スマートデイズからオーナーへシェアハウスが販売される際は、オーナーの支払い能力や物件そのものの価値は考慮されないまま融資が通されていたということになります。

関連記事:不動産投資ローンの審査をクリアできる方法は?

安心・安全。入居率99.5%以上の不動産投資をご希望の方はこちらから。今なら「不動産投資の基本がわかる書籍」等プレゼント中です。

 
以上のように「かぼちゃの馬車」事件は、不正を主導したのはスマートデイズであったものの、建築会社はスマートデイズの依頼で建築費を高く見積もりつつ次々とシェアハウスを建設することで利益を得て、スルガ銀行の横浜東口支店はスマートデイズと共謀して建物の実際の価値やオーナーの支払い能力を無視してローンを組む、という複数の存在によって加速された事件でした。問題は投資を勧める企業と顧客との関係に収まらず、より規模の大きいものだったのです。

特に、融資を行う銀行の役割を無視することはできません。スルガ銀行の横浜東口支店は個人投資家向けに「かぼちゃの馬車」セミナーを実施しており、3.5~4.5%の高金利かつ頭金なしでの融資を組ませ、「かぼちゃの馬車」の展開を加速させたと言われています。

このような個人投資家が搾取される仕組みは、かなり悪質だと言えます。素人の個人投資家はシェアハウスの適正な物件価格を知らないことも多く、スルガ銀行とスマートデイズが癒着しているなど思いもしないでしょう。こうして適正価格でない物件へ多くのオーナーが投資するという事態が発生したのです。

他の会社でも起こりうるのか

「かぼちゃの馬車」事件でより多くの個人投資家へ物件を売るために行われた融資書類の捏造は、企業のコンプライアンスがしっかりしていても担当の営業マンが単独で行う可能性もあり、組織ぐるみで行われた事例はスマートデイズ以外の企業でもあったことが明らかになっています。

また、融資を行う銀行が不正に加担する可能性もあります。「かぼちゃの馬車」事件で様々な疑惑を持たれているスルガ銀行は、ネットバンクやローンの拡充を次々と進め、地方銀行の優等生と呼ばれていました。

今回のような事件の背後には、他の銀行との競争が激しくノルマの厳しいことや、各支店の権限が強すぎて企業全体の方針が徹底されていなかったことがあると考えられます。

そのため、今後スルガ銀行のような強硬な策に出る銀行が他にも出てこないとも言い切れず、他の銀行とスマートデイズのような業者が結びつき、個人投資家をカモにする事件が再び起きたとしても不思議ではありません。

事件から投資家は何を学ぶことができるか

「かぼちゃの馬車」事件は、建築会社や銀行を含む組織ぐるみで行われた不正が破綻し、個人投資家が被害を被った事件でした。個人投資家が銀行も含んだ癒着の構造に気付くことは困難ですが、投資経験があまりない個人投資家が企業から示された上手い話を簡単に信用してしまうのは危険だということが見えてきます。

相手の話を鵜呑みにせず、長期的なキャッシュフローを自分自身で算定し、投資の採算の検証を行っていれば、採算の取れない投資に手を出すことはなく、銀行と業者の癒着が作った構造に乗せられることもなかったでしょう。

「かぼちゃの馬車」事件の場合、本来の相場よりも非常に高い価格が設定されている、採算の取りづらい物件が販売されていました。実際、サブリース契約が解除されたことで自己破産の危機を迎えたオーナーもいます。それほど採算が取れない物件は最初にきちんと検討していればそもそも投資対象にならず、今回のような悲劇は起こらなかったでしょう。

自分が被害者にならないために

では、自分が被害者にならないためにはどうすれば良いのでしょうか。そのためには上で述べた通り、個人投資家自身が学び、投資案件について精査することが重要です。

特に確認しなければならないのは、投資物件の採算性です。中でもサブリース契約の場合、家賃保証をすることになる業者側は本来なら採算が取れる場所にアパートを建設するはずですが、「かぼちゃの馬車」事件ではこの採算がほぼ無視されていたと言っても過言ではありません。業者の売り文句を鵜呑みにせず、自身で物件のメリット・デメリットを見極めて、企業が提示する情報の整合性を確認することが重要です。

関連記事:「もうやめたい……」不動産投資で失敗に陥ってしまう原因と回避する方法とは?

また、自分自身で企業の経営状況やコンプライアンスをしっかりと確認しましょう。ほとんどのオーナーが特定の銀行の特定の支店でローンを組まされていたり、ローンを組む過程で預金残高証明書に手が加えられていたりすれば、「かぼちゃの馬車」事件の二の舞になる可能性が高いでしょう。銀行に直接問い合わせたり、他の銀行に借り換えの相談をし、第三者の判断を参考にしたりするのも良いでしょう。

さらに、「かぼちゃの馬車」事件の場合、個人投資家とスマートデイズの間の契約は「管理業務委託」ではなく「サブリース契約」となっています。サブリース契約では、個人投資家がサブリース業者に借家を貸していることになるので、借地借家法で保護されるのはサブリース業者の側となり、個人投資家は借地借家法による保護を受けることが難しいとされています。それゆえ、サブリースを利用したアパート投資において、個人投資家は「カモ」にされる危険があることを認識しておく必要があります。

まとめ

「かぼちゃの馬車」事件の手口が悪質であることは言うまでもありませんが、そもそも個人投資家が自分自身で採算や返済能力を十分に計算していたならば、被害を防ぐことができたかもしれません。

業者や銀行にも問題があるかもしれませんが、最後に痛手を負うのは個人投資家自身であることを考えると、営業マンの言葉を鵜呑みにせず、投資の安全性や将来性を自分自身で見極めるのが被害を防ぐ第一歩でしょう。

関連記事:シェアハウス投資は難しい?よくある失敗例とは
関連記事:投資初心者必見!物件選びの失敗を防ぐための注意点とは?

今なら書籍を含む 「失敗しない不動産投資4点セット」をプレゼント!!

①書籍 ②動画カスタマーズレポート ③エピソードブック ④最新優良投資物件情報
プロパティエージェントでは専任のアドバイザーが不動産投資に関する相談を承っております。
疑問に思っていることや分からないことなどお気軽にお問い合わせください。

今だけ「失敗しない不動産投資4点セット」をもれなくプレゼントいたします。

ABOUTこの記事をかいた人

大平 優

プロパティエージェント㈱アセットプランニング部 次長 親しみやすい性格でお客様とのコミュニケーションを大切にし、その中で浮かび上がってきた課題を冷静に分析。不動産・不動産サービスを通じて正確なロジックと緻密なシミュレーションを武器に、お客様の将来的な課題を解決へと導く。