【強み・弱み】不動産投資のメリットとデメリット

bryan-minear-319945

よくお客様から「不動産投資のメリットとデメリットは何ですか?」と聞かれます。
不動産投資を始めるにあたってはメリットはもちろんですがデメリットもしっかりと把握しておきたいですよね。
今回の記事ではそんなメリットとデメリットについて簡単にまとめさせて頂いたので、これから不動産投資を始めようか悩んでいる方はぜひご一読ください。

不動産投資のご相談・お問い合わせで「不動産投資の基本がわかる書籍」等プレゼント!

メリット

  • 大きな資金が無くても始めることが出来る。
  • 団体信用生命保険に加入することで、生命保険の代わりになる。
  • 所得税の還付と住民税の減税により、節税効果がある。
  • お子さまに大きな資産として、残すことが出来る。
  • 入居者がいる限り、安定した家賃収入を得続けることが出来る。

関連記事:不動産投資による節税の仕組み解説!経費を使って賢く節税する方法を紹介

一番大きいメリットは、最後の家賃収入を得ることができるということですね。
では、デメリットはどういったものがあるでしょうか。

デメリット

  • 一部コントロールが出来ないリスクがある。
  • 短期的に大きな利益が出るものではない。
  • (商材の弱みではないが)業界的に、顧客ファーストではなく、自社の利益を最優先する会社がまだまだ多い為、結果的に損をしてしまう方もそれなりにいる。

運用商品である以上、0リスクというものはありえませんが、不動産投資の場合、物件の選び方や管理会社の選び方次第で、リスクを極小化することが出来ます。

まとめ

不動産=リスクが大きい
というイメージを持たれている方も多いと思いますが、それは「それなりに大きな借入を必要とする運用」であることから引き起こされるイメージであり、一つ一つ蓋を開けて見てみると、意外と大したことはないものです。

実際に不動産投資を選択された方のケーススタディを下記記事にて紹介していますので、ぜひご確認ください。
関連記事:管理と物件が重要!不動産投資で家賃収入を得る方法を実例で紹介

ABOUTこの記事をかいた人

不動産投資TIMES(プロパティエージェント)編集部

「不動産投資TIMES」は、不動産による資産運用サポートを提供しているプロパティエージェント株式会社が運営するメディアです。 投資向けマンションデベロッパー満足度調査で3年連続総合No.1、入居率99.5%以上を実現している東証一部上場のプロパティエージェントだからこそ発信できる情報をお届けします。 不動産投資の初心者から経験者に至るまで、欲する情報は様々ではありますが、基礎知識から、疑問・不安解決、オーナー体験談、法制度、市場、最新トレンドなど、幅広く網羅的に情報を提供していきます。グレーなイメージを持たれがちな不動産投資ですが、不動産投資Times編集部は、読者の皆様の不動産投資をサポートできる真の情報を発信し続けます。