【調査レポート】女性ならでは?女性不動産投資経験者の失敗とは。

女性不動産投資経験者の失敗とは。

女性はどう考える?不動産投資での様々なリスク。

全国の20代~60代の不動産投資経験した女性111人に、これから不動産投資を検討している方が知りたいと考える3つのテーマ「不動産販売会社の選定について」「自己資金そして家賃収入」「不動産投資は今が買い時か?」を軸にアンケート調査を実施。
そのアンケートの中から不動産投資に関する失敗例を聞いてみました。男性とは違った女性ならでは失敗経験を語ってもらいました!

あなた自身の経験もしくはあなたが耳にした不動産投資の失敗例で一番印象的なものは?

  • 営業担当の勢いだけに乗せられて購入すると、細かい内容が頭に入ってこない。一旦冷静になって時間的にも精神的にも余裕を作らないと失敗すると思う。
  • マンションの需要がないところに賃貸物件を作ってしまい、回収不能となった例がある。土地ありきでの投資は良く考えないとまずいと感じる。
  • タイ人に貸したこと。口コミで入居者が増えて良かったのもつかの間、日本のルールを守らず、滞納も酷く、参っている状況。今でもその状況が続いている。
  • 良く考えず勢いで購入した。あとで細かい不備がたくさん見つかって結局元本割れしている状況。
  • そもそもの話で、知人が不動産投資の詐欺にあった。頭金だけもっていかれた。
  • 空室、管理費値上がり、修繕費など、想定外の出費も含め元本割れとなった。
  • 金利が高い時期に購入した物件で元本割れ。
  • 空室で未入金の期間が…
  • 家賃保証のトリックにだまされた。
  • 中古マンションを購入したが、最終的に買い手が付かなかった。
  • 中古マンションの場合、購入後、借家人が見つからないことや売却先も探すのに苦労することがある。
  • 店子が家賃を踏み倒す。家賃の取り立ては個人経営の不動産屋に任せていたが、水商売の店子は彼に身体で支払っていたらしく、「来月には払うから」とか「あと2ヶ月待ってほしい」とか店子に味方してなかなか退去させない。結局半年分の家賃を踏み倒された。
  • 表面利回りだけに頼って購入したら、補修費用がかさみ、結局マイナスの収支になった人がいた。
  • 入居率がいいからと勧められたが、空きが長く、と聞いたことがあります。

いかがでしたか。今回は、女性の不動産投資経験者に対して、不動産投資買い時に関する内容を紹介しましたが、きちんと購入前にリスク管理をしておけば回避できるものもあるはずです。

信頼できる不動産販売会社を選定して、きちんとしたリスク管理をしてから投資をはじめましょう。

調査概要

調査の企画:        プロパティエージェント株式会社
調査の目的:        不動産投資経験者への意識調査
調査方法:            Webアンケート
調査対象地域:     全国
調査母集団:        20代~60代の不動産投資経験者・女性
調査対象者:        うちアンケートに回答があったユーザー
有効回答数:        111名
調査の期間:        2016年7月19日

資料請求・お問い合わせ頂いたお客様に
「失敗しない不動産4点セット」プレゼント!!

①書籍 ②動画カスタマーズレポート ③エピソードブック ④最新優良投資物件情報
プロパティエージェントでは専任のアドバイザーが不動産投資に関する相談を承っております。
まずは資料請求をして、疑問に思っていることや分からないことなどお気軽にお問い合わせください。

今だけ「失敗しない不動産投資4点セット」をもれなくプレゼントいたします。