【インタビュー】不動産投資を始める“不安解消”の決め手は「オーナー座談会」

【インタビュー】不動産投資を始める“不安解消”の決め手は「オーナー座談会」

近年、年金の受給開始年齢の引き上げや老後2,000万円問題、さらに新型コロナウイルスによる経済影響など、将来への不安から不動産投資に興味をもつ方が増えています。でも、不動産投資はリスクが高いのでは?と、なかなか一歩を踏み出せない方も多いのではないでしょうか。

下郷様もそのような悩みを抱えていたお一人です。当社と何度か打ち合わせを重ねる中、先日、実際の不動産オーナーにざっくばらんに質問できる「オーナー座談会」へ参加されました。今回は、そんな下郷様にインタビューをさせていただき、不動産投資に興味を持ったきっかけから現在の心境まで、ズバリお答えいただきました。

【取材者プロフィール】

360 【インタビュー】不動産投資を始める“不安解消”の決め手は「オーナー座談会」
下郷 智帆 様

「将来、安心して暮らすための資産運用」を始めたいと思い、
WEBで情報収集をスタート。自己資金が少額で始められ、
生命保険代わりとなる不動産投資にメリットを感じ興味を持つ。
名古屋在住のため、オンラインにて営業マンだけではなく、
現役不動産オーナーの話を聞き、不安や疑問を払拭。
そして東京・板橋の新築物件で不動産投資スタートを決意。

入居率99.5%!プロパティエージェントのセミナーでは
【不動産投資の運用基礎からリスクと対応策】まで学べます!

 

なぜ不動産投資に興味を持ったのか

「将来、安心して暮らすために不動産投資を考えるようになりました」

Q.不動産投資にご興味を持たれたのはなぜですか?

下郷氏:新型コロナウイルスの感染拡大防止による自粛期間中に、将来のことを真剣に考えるようになったのが大きいですね。老後の年金に期待できないという話を聞くにつれ預金だけでは不安でしたし、40代のうちに、将来、安心して暮らすための資産運用を始めたいと考えるようになりました。いろいろ調べていくうちに、不動産投資ならいいかもと興味を持ちました。

Q.不動産投資が良いと感じた理由は何でしょうか?

下郷氏:これまで不動産投資など考えたこともありませんでしたから、まずWEBで情報を集めました。すると、意外と自己資金が少なくても始められることや、生命保険替わりとして活用できることなど、株やFXにはないメリットがあると感じたからです。

Q.WEBで情報を集めた後はどうされたのですか?

下郷氏:WEBで知った複数の不動産投資会社にさっそく問い合わせをしました。プロパティエージェントも、WEBで情報を集めていく中で知りました。ホームページを拝見して、良さそうなイメージだったのでエージェントの方にお話を伺うことにしました。

 

手始めに不動産投資会社へ相談

「プロパティエージェントに決めたのは、長くおつきあいできそうな安心感があったから」

Q.実際にエージェントからお話を伺っていかがでしたか?

下郷氏:不動産投資の知識があまりなかったので、たくさん質問をした記憶があります(笑)。今から考えると質問というより投資への疑問や不安を解決したいという感じでしょうか。エージェントの方は一つひとつ丁寧に答えてくれて、説明もわかりやすく、何より親身になって相談に乗ってくれたのがよかったです。

Q.プロパティエージェント以外の会社にもお話を伺ったのですか?

下郷氏:はい、何社かに話を聞きました。最終的にプロパティエージェントに決めたのは、リスク解消へのアドバイスが的確だと感じたのと、エージェントの方の対応が良く、長くおつきあいしてくれそうな安心感があったからです。

Q.投資への不安があったということですが、具体的にはどのようなものでしょうか?

下郷氏:一番は、空き部屋になってしまうのではないかということです。これは、エージェントの方から空室補償のプランの提案や、人が動きやすい2月引き渡しの物件を提案してくれるなど、具体的な解決案を提示してくれて、不安は軽減しました。それと同時に、リスクを最小限に抑えようと努力していただけるプロパティエージェントへの信頼が高まりました。

Q.なるほど。不安が軽減したことで、いよいよ不動産投資を決心されたのですか?

下郷氏:それが…、まだ踏み切れませんでした。確かにリスクへの不安は軽減したのですが、私の性格なのか、なかなか決心がつかないでいました。そんな時、「オーナー座談会」のことを知りました。

 

オーナー座談会で理解を深めて

「座談会はオーナーの本音が聞けるチャンス!自分で解決できなかった有益情報もゲット」

Q.オーナー座談会に参加しようと思ったきっかけは何ですか?

下郷氏:不動産投資オーナーに直接質問できると知ったからです。まわりには不動産投資に詳しい知り合いもいなかったし、「空室のリスクは?」「不動産投資って本当はどうなの?」「物件はどのように決めた?」など、リアルな疑問をぶつけてみようと期待して参加しました。

Q.やはり、エージェントの話だけでは安心できないところがありますか?

下郷氏:大きな投資ですし、慎重にはなりますね。それに、エージェントの方とは異なったオーナー目線での話は貴重だと思いました。他の不動産投資会社では、このような機会はなかったので好奇心もありました。

Q.座談会という形式はいかがでしたか?

下郷氏:一方的に話を聞くだけの講演会と違って、オーナーの方とざっくばらんにお話しできるのがいいですね。自分ではいくら調べても解決できないこともありますが、お話を聞いて解決することができました。実際に取り組んでいるオーナーの話は、やはり重みというか、わかりやすい!百聞は一見にしかず、という感じでした。

Q.新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためオンラインでの開催でしたがいかがでしたか?

下郷氏:私は遠方に住んでいるため、逆にオンラインでありがたかったです。実は、不動産投資を始めるべきか悩んでいる真っ最中での参加でした。でも、参加者の中に私と同じような悩みの方がいたのも良いと思いました。

 

不動産投資を始める決断へ

「より良い投資判断のために、エージェントとオーナーの両方から話を聞くことがおすすめです」

Q.不動産投資オーナーの方への印象はいかがでしたか?

下郷氏:とても気さくで、不動産のことに詳しくて、すごいなぁという感じでした。偶然なのですが、同じ女性オーナーだったことも親近感が湧きました。

また、こんなすごいオーナーが長く投資しているプロパティエージェントへの信頼が高まりましたね。

Q.座談会に参加後の感想をずばり教えてください

下郷氏:エージェントの方には聞きにくい質問も聞けたし、とても貴重な機会でした。自分では気づかなかった質問を、他の方が聞いてくれたのも新鮮で、「そこまで聞く?」というようなつっこんだ質問もありましたね。

Q.座談会に参加したことは、不動産投資を始めることに役立ちましたか?

下郷氏:はい、とても役に立ちました。私はまったくの未経験者のため、エージェントの方からの説明で不動産投資の入口までたどり着き、その後、座談会に参加したことで、入口から中に一歩を踏み出せた、という感じでしょうか。

「いつかはやりたい」と思っていたけれど、なかなか決心がつきませんでした。ですが、年齢的に融資が受けられる期限も十分に残されているわけではないので、決断するための決定打を探していました。それが今回のオーナー座談会で明確になったと思います。参加して本当に良かったです。

 

オーナー座談会をはじめ充実イベントを随時開催!

「不動産投資ですばらしい人生設計を描くために、ぜひご活用ください」

下郷様の話はいかがだったでしょうか?
初めての不動産投資で不安や迷いが多かったそうですが、それらの軽減材料となった決め手は“人”だったそうです。「WEBや本で勉強するのもいいのですが、やはり直接、エージェントの方やオーナーの方と直接お話しできるのは勉強になりますね」と話していたのが印象的でした。やはり、実際の経験者のアドバイスは参考になりますね。下郷様、ご協力ありがとうございました。

プロパティエージェントでは、エージェントによるサポートはもちろん、経験豊富な現役オーナーによる座談会や各種セミナー、イベントを定期的に開催しています。オンラインでも多数企画していますので、遠方の方でもお気軽にご参加ください。

ちなみにこれまで開催した「オーナー座談会」では、「不動産投資を始めたきっかけ」にはじまり「購入物件の選び方」、「不動産会社の選び方」、「本当に儲かるのか」、「トラブルはあるのか」といったエージェントには聞きにくい質問もたくさんありました。もちろん、オーナー様はその場でズバリ質問に答えてくれます。

超高齢化社会が到来したことで、将来、社会保障や年金制度への不安がある中、会社の給与収入だけでは人生設計の見通しが不透明な時代です。新たな収入源の確保として不動産投資を検討される方は、ぜひ一度、当社のイベントにご参加するところからスタートしてください。

▼オーナー座談会の様子はコチラから
【PAレポート】不動産オーナーに直接質問できる!オーナー座談会

▼オーナー100人のホンネが聞ける人気記事はコチラから
成功オーナー伝授!区分マンション投資で成功する5大ポイント

(取材・文:馬淵 智子)