保険と貯蓄

皆さん、こんにちは。

保険貯蓄

本日はこの2つをキーワードにお話しをしたいと思います。

保険、貯蓄を一緒の商品で完結させている人もいるのではないでしょうか。
もちろん保険だけ。貯蓄だけ。という人も多いかと思います。

なにが良くてなにが悪いかではなく、目的をしっかりと持った上で分けていくことを一番オススメします。

不動産投資のご相談・お問い合わせで「不動産投資の基本がわかる書籍」等プレゼント!

生命保険

まず、生命保険ですが、皆さんそもそも保険はなんの為に入るのでしょうか?

9割以上の世帯が入っている生命保険ですが、明確に答えられる人は意外にも少ないのではないではないでしょうか。

定期なのか。養老なのか。終身なのか。

いろいろとありますが、ざっくりいうと万が一のリスクヘッジの為ですよね。

万が一のリスクヘッジを目的とすると、

「保険料を支払うのは損」と考える方もいますが、リスク回避のためのコストと考えれば、意味のある買い物ですよね。

このようなコストをリスクヘッジコストと言いますが、

「医療保険に入ったのに病気にかからなかった。なので損した。」

と思う人はいないですよね。なにも起こらないことが一番の幸せですよね。

そうなんです。目的さえしっかりとしていればいくらコストがかかろうが、価値のある商品となるのです。

貯蓄

「万が一のリスクヘッジを貯金ではいけないのか?」と思う人もいますが、あまり向いてはいません。

そもそも万が一のリスクヘッジができるくらいの貯蓄をするのは時間がかかりますし、貯金は短期的な目的に向いております

例えば、日々の生活費、交際費、病院代といった緊急性が高いものですね。

緊急性が高ければ高いほど現金が向いているのです。

保険ですと、加入後まだ50万円しか払っていなくても、万が一のときは300万を受け取れるような仕組みが作れています。

ですので、困ったときにお金がもらえるが保険であって、貯蓄の目的は短期的な支出のためのものなのです。

それなら短期的に使わないお金がたくさんあって、使いみちがなければ、万が一のリスクヘッジを現金ですることができれば、保険に入らなくてもいいのか?

考え方にもよりますが、それもあまりおすすめはしません。

貯金はいくら短期的なものに使っていくものとはいえ、中期的に見た目的の為にも必要になってきます。

例えば車購入であったり、旅費であったり、自宅購入とかですね。

使うとその目的が達成できなくなります。

ですので、お金をたくさん溜め込んでいる人でも保険に入る意味もあるのです。

精神的な不安をやわらげる役割もありますね。

不動産投資のご相談・お問い合わせで「不動産投資の基本がわかる書籍」等プレゼント!

保険を貯蓄の代わりに?

また逆に保険を貯蓄代わりにしたらいいんじゃないのかと思う人もいます。

確かに「貯蓄性の高い保険」と呼ばれるものもありますが、解約返戻金が大幅に高かったバブルの頃とは異なり、現在はあまり増えません。

長い時間をかけて貯蓄をしていくのであれば他の選択肢が有効的でしょう。

当たり前のことですが、

何かの選択肢を取る際に目的をはっきりすることが非常に重要になります。

是非、大きな選択に迫られた際には基本に立ち戻って目的を明確にしましょう。
 

「不動産投資TIMES」の記事一覧を見る
不動産オーナー体験談・調査レポートを読む

line_article 保険と貯蓄

ABOUTこの記事をかいた人

不動産投資TIMES(プロパティエージェント)編集部

「不動産投資TIMES」は、不動産による資産運用サポートを提供しているプロパティエージェント株式会社が運営するメディアです。 投資向けマンションデベロッパー満足度調査で3年連続総合No.1、入居率99.5%以上を実現している東証一部上場のプロパティエージェントだからこそ発信できる情報をお届けします。 不動産投資の初心者から経験者に至るまで、欲する情報は様々ではありますが、基礎知識から、疑問・不安解決、オーナー体験談、法制度、市場、最新トレンドなど、幅広く網羅的に情報を提供していきます。グレーなイメージを持たれがちな不動産投資ですが、不動産投資Times編集部は、読者の皆様の不動産投資をサポートできる真の情報を発信し続けます。