不動産投資を始めるまでの流れ「チェックリスト」

不動産投資を始めるまでの流れ「チェックリスト」

不動産投資に興味を持ち始めたけれど、いざ始めようと思っても何から手をつければいいのか分からない!という方に向け、不動産投資を始めるまでの流れを各ステップごとに、チェックリスト付で簡単に紹介していきます。
自分の目的にあった運用をイメージするためにも投資検討~購入までの全体像を理解しておくことが大切です。

不動産投資のご相談・お問い合わせで「不動産投資の基本がわかる書籍」等プレゼント!

 

1.投資方法を選ぶ

何をゴールに資産形成をするのか、目的を明確にしましょう。その上で、目的に即した投資方法を選定してください。

Check list

□ 目的を明確にする
□ 最適な投資方法を選定する
さまざまな投資方法から比較検討をしてみましょう。

2.不動産投資の仕組みを抑える

投資方法を選定したら、その投資について理解しましょう。投資不動産を販売している会社はたくさんあるので直接聞いてみてもいいですし、インターネットで勉強するのもありです。注意点としては、利回りが高いものは必ずそれに伴うリスクがあります。真実をしっかりと見極めましょう。

Check list

□ 不動産投資のメリットを把握する
□ 不動産投資のリスクと対策を把握する
□ 信用できる不動産会社を選ぶ
□ 情報の信用性を確認

関連記事:不動産投資のリスクはどこに!?マンション投資の失敗理由
関連記事:不動産投資では会社選びが重要!選び方を徹底解説

3.物件を選ぶ

信用できる会社に物件を探してもらい、提案された物件が自分に合うものかを冷静に判断して進めていきましょう。

どうしても不動産会社にお願いしたくない場合は、じっくり時間をかけて探しましょう。ネットワークや経験が無い分、行動量でカバーします。マイソク(販売図面)を毎日取り寄せて、良い物件が見つかるまでひたすら頑張りましょう。

Check list

□ 設定された賃料は適正か
□ 物件価格は高すぎないか
□ 管理はしっかりされているか
□ 将来的な需要がある物件か(将来売れる物件か)
□ 設備は問題ないか・購入後すぐに壊れないか

□ 現地で物件を確認したか
□自分の目的が達成できる物件か

関連記事:不動産投資初心者の方におすすめの物件とは?
関連記事:収益物件とは?不動産投資を始める前の基礎知識を紹介
関連記事:【調査レポート】現地調査は行うべき?現地調査の際に見るポイントとは。

4.投資物件購入手続き

購入したい物件が決まったら、他の人に購入される前にすぐに動きましょう。全てサポートしてくれる不動産会社もあれば、一部しかサポートしてくれない不動産会社もあります。また自分で物件を探して仲介だけを頼む場合は、全て自分で処理をしなければなりません。いつでもスタートできるように流れを把握しておきましょう。

Check list

□ 購入の流れ・手順を把握する

  1. 物件購入の申込みをする
  2. 重要事項説明書の説明を受ける
    契約前に不動産会社から説明を受けます。内容が心配なら、契約日前に取り寄せることも出来るので、じっくりと読み込んでおきましょう
  3. 売買の契約を交わす
    契約時に手付金が必要になります。ここで始めてお金が必要となります。後で状況が変わって契約をやめたくなった場合に、お金がかかるかどうかもこの時に決まりますので、しっかりと確認しましょう。
    物件に瑕疵担保責任保険(物件が不良品だった場合に保障してくれるか)がついているかも必ず確認する必要があります。
    また、この時に不動産の登記(名義)を移すために書類が必要になります。書類の準備を手伝ってくれる親切な不動産会社もありますので、最初に聞いておくのもいいでしょう。
    この時、不動産会社によっては印紙代を払わされるので注意が必要です。
  4. 金融機関と事業用住宅ローン融資の契約
    銀行から融資を受けて投資をする場合は、契約後すぐに金融機関に融資のための審査のお願いをしましょう。こちらも全てサポートしてくれる不動産会社がある一方で、自分で探さなければいけない場合もあります。この時も書類が色々と必要になるので、サポートしてくれるかどうかも含めて事前に確認しておきましょう。
  5. 金融機関融資の審査通過
    ④で審査後、問題なければ決済日まで待つだけです。融資を受ける為に費用が発生しますので事前に確認しておきましょう。
  6. 関連記事:不動産投資ローンを解説!金融機関の特徴・金利・審査・契約の流れについて
    関連記事:不動産投資ローンの審査をクリアできる方法は?

  7. 決済および登記手続き
    売買代金を振り込んでから1日~3日程度で移転登記が行われます。移転登記には費用がかかりますので確認しておきましょう。
  8. その他
    物件の火災保険や地震保険に加入するか考えておきましょう。
  9. 関連記事:いざというときの火災保険!不動産経営での賢い活用法を解説!
    関連記事:不動産投資における地震リスクをヘッジする「地震保険」

不動産投資のご相談・お問い合わせで「不動産投資の基本がわかる書籍」等プレゼント!

 

5.購入後

これであなたも投資不動産オーナーです。投資不動産は買って終わりではありません。ここからがスタートです。賃貸の管理や建物の管理をしてくれる会社を見つけておきましょう。全て纏めてやってくれる会社の方が安心できるでしょう。他にも税務処理も発生してくるので確認しておきましょう。

Check list

□ 税務署へ開業届の提出(決済より3か月以内)
□ 初年度:不動産取得税の支払い
□ 毎年:固定資産税・都市計画税の支払い
□ 家賃入金の確認

関連記事:不動産投資に関わる税金のこと、理解していますか?【保存版】
関連記事:不動産投資の確定申告の記入方法・必要書類をまとめて解説

不動産投資を全て自分で取り組む場合は、全てを事前に把握しておきましょう。安心できる不動産会社を厳選して任せるのも良いかもしれませんね。

 

「不動産投資TIMES」の記事一覧を見る
不動産オーナー体験談・調査レポートを読む

LINE登録

ABOUTこの記事をかいた人

不動産投資TIMES(プロパティエージェント)編集部

「不動産投資TIMES」は、不動産による資産運用サポートを提供しているプロパティエージェント株式会社が運営するメディアです。 投資向けマンションデベロッパー満足度調査で3年連続総合No.1、入居率99.5%以上を実現している東証一部上場のプロパティエージェントだからこそ発信できる情報をお届けします。 不動産投資の初心者から経験者に至るまで、欲する情報は様々ではありますが、基礎知識から、疑問・不安解決、オーナー体験談、法制度、市場、最新トレンドなど、幅広く網羅的に情報を提供していきます。グレーなイメージを持たれがちな不動産投資ですが、不動産投資Times編集部は、読者の皆様の不動産投資をサポートできる真の情報を発信し続けます。