【インタビュー】不動産投資で大きな失敗を経験。その経験から学んだ不動産の大事なポイントとは?

インタビュー:その経験から学んだ不動産の大事なポイントとは?

今回はToCチャット企画第2段です。

不動産投資に興味がある、不動産投資について知りたいという方に向けて、すでに不動産投資をしている方の実情はもちろん、本企画ではLINEで直接相談することのできる窓口も設けています。営業トークではない、リアルに体験されている方だからこそ聞きたい相談など、大募集いたします。

髙橋さんにLINEでチャット相談する

今回インタビューに出ていただくのは髙橋さんです。

髙橋 雄一さん(34歳)金融業界のIT専門職として勤務

髙橋さんはプロパティエージェントの物件だけでなく他の会社からも複数ご購入されている方です。
物件ごとの違いや会社の違いなど、良いところ悪いところを早速いろいろ聞いてみたいと思います!

ー本日はよろしくお願いいたします。今回第2段になるのですが、1回目が反響が多かったので、直接聞いてみたいというニーズが高いのだなと実感しているところです。
実際あったいいことも悪いことも素のままを伝えてもらいたいんですよ。なので、いろいろ教えてください。

わかりました!

ーまず、今されてらっしゃるお仕事を教えて頂いてもよろしいでしょうか?

今はですね、保険会社の中で、保険販売にむけてのシステム構築のところに携わっています。
職種としては金融系ITみたいな感じです。
営業さんが保険のシミュレーション試算などをするためのシステムにおいて、改築や修繕などの依頼をエンジニアに出すのが私の役割です。

ー今までのキャリアはずっと金融系IT分野でやってらっしゃったのでしょうか?

そうですね。同じような分野で転職をして今は2社目です。

ー転職はなにかきっかけがあったのでしょうか?

きっかけは仕事の幅を広げたいなと思ったからですね。

同じ金融系ITという分野での転職ではありますが、実は役割が変わりました。

現職は前述の通りシステムの改善要望をエンジニアに出すという立場です。前職ではシステムを実際に構築する側の管理者というような立場でした。このようにシフトチェンジすることによって、仕事の幅を広げるとともに、キャリアアップにもつながるなということも考えていました。

IMG_5860-1-1024x683 【インタビュー】不動産投資で大きな失敗を経験。その経験から学んだ不動産の大事なポイントとは?

ー次にプライベートな部分に踏み込んでいきたいと思います。
普段のお金の使い方として特にこれにお金かかっているとか、例えば趣味であったりだとか、何かお金の使い方に特徴あったりしますか?

他の人のお金の使い方が分からないので。。。
でも、そんなに大きく変わらないと思います。

ー不動産投資を始める前後でも変わらないって感じでしょうか?

そうですね。ただ、意識は変わったのかなと思いますよ。
今までは何となくやっていたお金の貯め方とかも、明確にこの金額は貯めていこうといった意識になりましたね。
それ以外はあんまり変わんないですね。お酒飲みに行ったり、年に1回旅行に行ったりですかね(笑)

あ、でもジムに通うようになりました。

ーそれは何か心境の変化があったってことですか?

そこまで大きな変化というわけではないのですが、健康を意識するようになりました。
初めて不動産を買って以降、老後について意識しだしました。
特に、本当の寿命と健康寿命があるじゃないですか。

ここら辺が大事で、健康に気遣ってできるだけ健康寿命を長くしていかないと運用してる意味ないと思うんですよね。
資産だけあって自分は楽しめないって意味ないじゃないですか(笑)

なので週1、2ぐらいで運動するようにはしてますね。

ーご結婚されていると思うのですが、貯蓄などのお金周りの話は奥様と一緒に計画されるんですか?

お互いに毎月いくら貯めていこうといった感じで貯めてはいますが、それ以外は基本的に自分の中で積み立てとかもしています。
不明金があった方がいいと思ってます(笑)

そうしないと、飲みに行けなかったりするじゃないですか。飲みに行くのにわざわざ了解得てお金もらってとかしてたら、すごく嫌ですよね(笑)

髙橋さんにLINEでチャット相談する

IMG_5860-1-1024x683 【インタビュー】不動産投資で大きな失敗を経験。その経験から学んだ不動産の大事なポイントとは?

ー実際不動産投資を最初に始められたのはいつ頃でしたでしょうか?

2013年8月からですね。なので丸5年経ちましたね。最初に検討し始めたのはその1年前からです。

ー元々ご自身で不動産投資をやりたいなって思ってたのでしょうか?

いえ、そこまで明確なものはなく、ちょうどその頃やり始めようかなと漠然と考えていたんですよね。
そんな頃に2、3社ちょっと聞いてみようかなといった感じで、たまたまプロパティエージェントさんが声かけてきてという流れでした。だから縁があったんですかね。

ーそもそも不動産投資をやり始めようかなと思ったのには、きっかけはあったんですか?

昔に読んだ不動産投資して人生どん底から抜けるみたいな漫画もどこかに記憶があり、なんとなくのイメージがありました。そういうイメージから宝くじで1億円当たったらマンション買おうって思ってました。

固定概念なんですけど、投資しようとかじゃなくて「マンション買おう」って。(笑)

なので元々ちょっと興味がある中で、周囲にたまたま不動産投資をしている人も何人かいたんですよね。

ただ、そんなお金ないしなと思い、遠いものだと思っていました。
そう思ってたときにすでにやっている人と話をしてたら、「ローンだよ」みたいな感じで言われて、そういうものなんだって現実的なイメージに変わりましたね。

ー実際にローン含めての不動産投資を検討し始めて、どう思われましたか?

そうですね。まぁでもローンって借金じゃないですか。
どうしようかな、やってみようかなと悩みながら、どのくらい儲かるんだろうって計算してみました。

そうすると愕然としましたね。

自分的には月5万ぐらい入って、お小遣いにプラスになると思ってたんですけど、実際は月数千円!?みたいな感じでした。
さらに固定資産税などもかかる。だいぶイメージと違うなって思いましたね。

ーそういうイメージが違った中でも不動産投資を始めたというのはどのような心境だったのでしょうか?

営業さんと話している中で、短期的な部分でしかイメージできてないなって思ったんです。
短期的な話ではなく、長期的に老後の資産を築くためという部分が重要なんですよという話をもらいました。

そこはプロパティエージェントさんの営業さんが我々お客にちゃんとズバッと言ってくれるのはいいなって思いましたね。
適当に儲かりますよって話をされていたら後々に「えっ?」ってなって、クレームとか言ってたと思いますね。

ー最初の不動産は当社で購入されたと思うのですが、営業との信頼関係の出来上がってということからなのでしょうか?

最初の方はあんまり不動産投資の知識がなかったんで、言ってることはなるほどなって思って理解はしてました。ただ、正直全部信頼して買いましたよっていうわけじゃなかったんですよ。。。

なので、営業さんを信頼してというよりは、提案もらった物件が横浜で約1800万円。安いなと思ったんです。
1800万円だったら騙されたとしても負債が1000万とか、たとえ残ったとしても何とかできるかなと思いました。

最悪、勉強も込めてという気持ちでした。やってみなきゃわからないなっていうのがあるじゃないですか。知識だけ積んでもどうしようもないという。
まずはやらないとという気持ちが大きかったですね。

ー周囲の人の話を聞く以外に本を読んだりセミナーに行ったりですとか、何かご自身から積極的に情報を収集したというのはありますか?

しましたね。本屋さんの投資コーナーがあって、投資から不動産から結構読み漁りましたね。
プロパティエージェントさんは新築のワンルームがいいんだと力説していたんで、どんなもんだと(笑)

結局いろいろな視点があって、書く人の考え方で違うなと思いました。なので、自分に合った不動産投資があるなということに気づかされました。

ー当社以外の不動産投資物件を購入されているとのことですが、どんなご状況でしょうか?

そうですね。中古だったり1棟だったりも購入したのですが、やっぱりプロパティエージェントで買った物件が一番良かったですよ。一番ローリスク、ローリターンみたいな感じで、本当に初心者向けの不動産投資だったと思います。

支出が大きいわけでもないのでリスクが高いわけでもない分、逆に大儲けも大きくはできない。そういう意味では堅いなと思います。

他の物件では実は失敗していまして。。。

ーどのような失敗ですか?

プロパティエージェントさんで買った物件が1件目だったんですが、しっかりして頂いてたので、「不動産なんてこんなもんだろう」「誰でも出来る」って思っちゃったんですよ。

そんな流れで、1棟中古物件をそのあと別会社さんで購入しました。

その物件が悪いわけじゃないと思うんですが、中古で保証会社が入ってなかったんですよ。元々入居者がいるので保証会社はつけられないということがわかりました。

そんな状況の中で、入居者の一人が病気で倒れられてしまい、その後部屋がしばらく放置になってしまったせいで、リフォームが必要な状況になってしまいました。。。

それが最低でも50万、60万かかりますと。

また、家賃の支払いが督促しても支払ってくれないなども重なり、退去いただこうと思って進めたら実は裁判が必要ですってなりました。
裁判になると費用がもろもろで約80万かかりますという状況にもなりました。

ーそれは大変ですね・・・

最初のほうは調子良くて年間100~150万円くらいプラスで回せてたんですよ。それが今はトラブルもあったせいでマイナスですよね。。。

そうしたダメな状態の部屋が2部屋あります。普通の部屋の状態も結構空室が多くなってきてて、それは管理会社が微妙だったっぽいですね。だから管理会社も凄い重要なんだなと思いました。

こうした経験から管理会社とか中古物件って、やっぱリスクがあるんだなと今では思ってます。

あとは新築は新築でも1戸他の会社からも買ってるんですけど、販売してその後入居者をつけるって言ってるんですが、動きが遅くて半年ぐらい空いてるんですよね。。。
売ったら終わりみたいな対応をされて、、、管理までしっかりやってくれる所がとても重要だなと実感しています。

IMG_5860-1-1024x683 【インタビュー】不動産投資で大きな失敗を経験。その経験から学んだ不動産の大事なポイントとは?

ーそうなんですね、結構な失敗談ですね。現在もそのような状況が続いているのでしょうか?

はい、続いていますね。
本当にそういう会社に当たらないようにすることって大事ですね。プロパティエージェントさんは買った後も色々フォローしてくれるじゃないですか。

管理はもちろんなんですが、他にも確定申告だったり、面倒なことを全部フォローしてくれてるからすごく良いと思うんです。自分自身でしっかりやろうとしてる人には不要だと思うんですけどね。

初心者でわからない方とかは、例えば、入居者募集だったり賃貸会社とか確定申告とかかなり面倒でできないと思うので、こうしたアフターフォローのしっかりしていることが不動産物件と同じくらい大事なポイントですね。

ー正直当社のお客さんで大きな失敗をしたという話を聞いたことが無かったので、非常に貴重なお話でした。赤裸々に失敗談まで教えていただいてありがとうございました。

最後にこの記事を見ている方に一言お願いいたします。

今後、もし相談するとしたら誰がいいかっていうことを考えると思います。自分の周りにはいなかったんですけど、不動産投資に関してはやっぱり実際運用してる人に聞くのが一番いいと思います。

酸いも甘いも知ってるっていうか、僕みたいに良かったこともあれば失敗もしてるわけですよ。そういうのをオープンに話してくれる人がいいんじゃないかなって思ってます。なので、僕に気軽にLINEして下さい。

ー本日はありがとうございました。LINE相談は以下のリンクよりご相談ください!

髙橋さんにLINEでチャット相談する

撮影:株式会社シナト・ビジュアルクリエーション 佐藤 淳一

今なら書籍を含む 「失敗しない不動産投資4点セット」をプレゼント!!

①書籍 ②動画カスタマーズレポート ③エピソードブック ④最新優良投資物件情報
プロパティエージェントでは専任のアドバイザーが不動産投資に関する相談を承っております。
疑問に思っていることや分からないことなどお気軽にお問い合わせください。

今だけ「失敗しない不動産投資4点セット」をもれなくプレゼントいたします。