不動産投資のリスクと対策

サラリーマンの老後の安定収入として注目されている不動産投資ですが、投資である以上運用にはリスクが伴います。実物資産ですので、株と違って資産が0になることはありませんが、リスクを想定せずに取り組むと思わぬ失敗をするかもしれません。

今回は、不動産投資につきまとうリスクを把握して、その対策を立てる術をお伝えしていきます。

空室リスク

不動産投資で最大のリスクは、入居者が付かずに家賃収入が入らないことです。ローンを組んで購入した場合は、毎月のローンの支払いが発生しますので、家賃収入が無いとローンの返済だけが発生し家計を圧迫してしまいます。

不動産投資をする以上、空室は必ず発生しますが、大切なことは空室が発生してもすぐ次の入居者をつけることが出来るかどうかです。
空室が長引く最大の原因は、家賃の設定が高すぎる、物件の立地が悪く利便性も悪い、などが挙げられます。需要に合わせた家賃設定をすることで、空室の長期化を防いでいきましょう。

金利上昇

不動産投資で使用するローンは、変動金利が一般的です。金利が上がれば、金融機関への支払額が増えるので、家賃収入以上の負担が生じる可能性もあります。もちろん金利が上がれば、家賃収入が上がったり、売却価格が上がったりということも考えられますが、金利上昇局面では、積極的な繰上げ返済を活用して元本を減らしていくことによって、利息負担を減らすことが大事です。

修繕積立金の上昇

マンションは建築物である以上、定期的なメンテナンスと、中長期的には大規模な修繕が必要になっていきます。その際に、必要なお金として毎月修繕積立金という形で支出をしていきます。修繕計画に不備があったり積立額が不足した場合は、毎月の積立金の額が上昇したり、突発的な一時金が発生する可能性もあります。そうならないために、マンションを購入する際は、長期修繕積立計画書や、管理組合の財政状況も確認しましょう。

設備の故障交換費用

マンションの設備が故障した場合は、入居者の故意過失の場合を除き、オーナー様の負担となります。
マンションの付帯設備(エアコンなど)は経年劣化していくものなので、10年ぐらいの期間で設備の故障交換費用が発生することを予測して備えておくことが必要です。

運用の前にはリスクを正確に知っておくことが大事

今回はリスクについてご説明しましたが、知らないで運用を始めると後々になって後悔してしまうことばかりです。最悪なケースですと、投資不動産を始めたせいで生活が出来なくなるなんてこともあるかもしれません。

こういったリスクを正確に教えてくれる会社かどうかで、良い不動産会社か悪い不動産会社かを判断するのも良いかもしれませんね。

資料請求・お問い合わせ頂いたお客様に
「失敗しない不動産4点セット」プレゼント!!

①書籍 ②動画カスタマーズレポート ③エピソードブック ④最新優良投資物件情報
プロパティエージェントでは専任のアドバイザーが不動産投資に関する相談を承っております。
まずは資料請求をして、疑問に思っていることや分からないことなどお気軽にお問い合わせください。

今だけ「失敗しない不動産投資4点セット」をもれなくプレゼントいたします。