さまざまな投資商品と不動産投資を比較

一口に投資と言っても世の中には様々な種類の投資商品があります。イメージしやすいのは株式投資でしょうか。
その他にも国債、社債などの債権も投資商品ですし、皆さんが加入している生命保険も投資商品にあたります。
もっと言えば、銀行や郵便局への預貯金も、厳密には投資商品なのです。

今回は、それら他の投資・資産運用・金融商品と比較しながら不動産投資の特徴をまとめていきます。

銀行などの預貯金

基本的にリスクが低いのが大きな特徴ですが、その分当然リターンも微々たるものです。
とはいえ、金融機関の倒産リスクや、特に長期の固定金利の定期預金の場合はインフレ時に資産価値が相対的に目減りしてしまうリスクがあるので注意が必要です。

生命保険

基本的には投資目的と言うよりは万が一の際の保障を得るためのものですが、満期を迎えれば払い込んだ分よりも多く受け取れるものなどもあります。
ただし昨今の日銀のマイナス金利導入施策により、利率の良い保険商品はどんどん廃止されています。加入をするなら早いほうが良いかもしれません。

国内株式投資

預金と比べると明らかにハイリスク・ハイリターンの投資です。投資先企業が倒産すればその株式は紙くず同然となりますし、IPO(新規公開株)に絡む詐欺が多いのも実はリスクの一つです。

日本国債・国内社債

預貯金同様、ローリスク・ローリターンの商品です。金利上昇局面においては資産価値が目減りするので注意が必要です。

外国株・外債その他外国の金融商品

国内のものとリスク・リターンの考え方は同じですが、更に為替のリスクが加わってきます。世界では毎日いろんな事件が起こっており、その様々な要因で為替は刻一刻と動くので常に注意が必要です。
特にFXにおいては、仕事の片手間で成功できる人は一握りでしょう。

投資信託

忙しい人でもプロの投資家に任せて運用できる手間いらずの商品です。また運用スタイルも、ハイリスク・ハイリターンからローリスク・ローリターンまで組み合わせて選ぶことができます。
難点は、他の投資商品に比べて手数料が高い事です。

J-REIT(上場不動産投資信託)

上場していて情報開示もきちんとされています。
これから不動産投資を始めようと思う人にとっては勉強になるかもしれません。
ただし、あくまでもペーパー資産であるため、ファンドの倒産リスクは常にある事を忘れてはいけません。

金などの貴金属

今後の貨幣価値の下落リスクを考えると有効なヘッジ手段の一つであることは間違いないでしょう。
ただし、利子も配当もなければ値動きも激しい投資商品のため、そこは気を付けましょう。

商品先物取引

昔と違いマーケットやルールも整備されてきているので、しっかりと勉強をして無理のない範囲で行えばいい投資になるかもしれません。とはいえ、ボラティリティも高いハイリスク・ハイリターンの投資であり、簡単ではない事は間違いありません。

海外不動産

東南アジアなどの途上国は値上がりを期待しての投資が多く、ハワイなどでは減価償却が早いので節税のために持つ人が多いです。ただし海外慣れしていない人や現地にパイプが無い人には、若干ハードルが高いかもしれません。

国内不動産

値上がりを期待できるのはごく僅かで、基本的にはインカムゲインを狙うものです。
郊外アパートなどだと利回りは高いもののその分空室リスクも上がり、逆に都市部マンションでは利回りが低い分、空室リスクは低くなります。

リターン・リスク、資金や運用期間を考えて決定を

どの商品も共通していえるのは、ローリスクであればローリターンですし、ハイリターンを狙うとその分ハイリスクになります。世の中にはリスクが低くリターンだけが高くなるような、うまい話は無いという事ですね。

投資不動産の場合はローリスクロングリターンを狙いやすい反面、融資を受けられるだけの社会的信用力が必要であったり、あるいは、ある程度のお金が必要であったり、誰もが運用できるわけではないという制約もあります。

自分にとって何が合う投資なのか、欲しいリターン、取れるリスク、投資資金、運用期間などを考えて決定する必要があります。

資料請求・お問い合わせ頂いたお客様に
「失敗しない不動産4点セット」プレゼント!!

①書籍 ②動画カスタマーズレポート ③エピソードブック ④最新優良投資物件情報
プロパティエージェントでは専任のアドバイザーが不動産投資に関する相談を承っております。
まずは資料請求をして、疑問に思っていることや分からないことなどお気軽にお問い合わせください。

今だけ「失敗しない不動産投資4点セット」をもれなくプレゼントいたします。