ここを抑えれば失敗しない、不動産会社の選び方

不動産投資は決して安い投資ではありません。パートナーとなる会社選びは不動産投資を成功させる上でとても重要なことです。ここでは安心して任せることができて、信頼できる会社の選び方を紹介します。

開発~販売~賃貸管理~建物管理が全て同じ会社である事

販売会社と賃貸会社が違うとなるとどうなるでしょう?

管理会社に管理する物件の入居率をあげるというミッションが無い為、空室期間が長くなる傾向があります。それに対して、販売会社も管理会社も同じであれば、責任の所在が明確になるので、空室期間中のフォローが充実し、通常よりもリスクが軽減された安心できる安定した不動産投資を実現する事が出来ます。

紹介された物件の設定賃料は適正?

価格からみえるその会社の姿勢

販売会社が提示するシミュレーションの家賃や分譲価格を鵜呑みにしてはいけません。特に家賃には要注意です。もしかしたらその家賃は、新築時でないと入居がつかない相場からかけ離れた家賃設定になっているかもしれません。

こういった販売会社はオーナーに短期的なメリットに注目させ、いわゆる「売って終わり」という会社が多いのです。

しっかりと相場に合わせて想定賃料を提示してくれる、長期的な取引を前提とした会社を選びましょう。

入居率に騙されてはいけない、入居率の定義に注目

ある程度の数を管理している会社になると、入居率を公表する会社があります。では、はたして入居率が高い会社であれば安心、安全といえるのか?違います。大事な事は空室の定義です。空室期間が一ヶ月を過ぎてから空室と定義するのか、対して、空室になったらすぐに空室と定義するのか。前者と後者では大きな違いがあります。空室の定義に注目し安心できる会社を選びましょう。

紹介客、リピーターが多いかどうか

安心して不動産投資を任せられる会社にはとても大きな特徴があります。

それは、紹介客やリピーターが多い事です。

今のご時世、良い情報も悪い情報も溢れすぎていて何を信用すれば良いかわからない方も多くなってきています。そこで、クチコミや、リピーター(同じ会社で所有件数を増やす方)の比率が高い会社というのは、顧客満足度が高く、すなわち安心して安定した不動産投資が実現できる会社である可能性が高いという事がいえます。

これらを大事にしている会社であれば、統計を取っているはずなので、是非見せてもらいましょう。信頼できる会社であるかどうかの指標になります。

 

不動産投資は有価証券の運用の様に手軽に売買できる様な資産運用では無い為、任せる会社によっては、例え同じ物件を持ったとしても運用結果に大きな違いが出る事があります。それだけパートナーとなる会社選びというのは、不動産投資を成功させる上で、とても重要な事です。良からぬ会社がないとは言えません。まずは上記の事を確認し、任せる会社は慎重に選びましょう。

資料請求・お問い合わせ頂いたお客様に
「失敗しない不動産4点セット」プレゼント!!

①書籍 ②動画カスタマーズレポート ③エピソードブック ④最新優良投資物件情報
プロパティエージェントでは専任のアドバイザーが不動産投資に関する相談を承っております。
まずは資料請求をして、疑問に思っていることや分からないことなどお気軽にお問い合わせください。

今だけ「失敗しない不動産投資4点セット」をもれなくプレゼントいたします。