代表的な不動産投資の失敗事例

どういう人が不動産投資で成功して、どういう人が不動産投資で失敗するのでしょうか?
ここでは、よくある失敗事例をご紹介していきます。

利回りだけに囚われて投資をしてしまった

不動産投資のリスクと対策」でもお伝えしましたが、リスクとリターンは表裏一体です。利回りが高い物件というのは、その分リスクも高いという事になります。

よく比較されるのは地方と東京です。
地方のように人口減少が止まらないエリアで投資不動産を探すと利回りが20%を超えるものがたくさん見つかりますが、入居者をつけるための工夫や手間が発生します。
また、設備の故障、長期の空室期間、税金、家賃下落、管理費を加味した返済計画を立てないと、当初計画していたものとは大幅な違いが出てきてしまいます。当然、そんなリスクのある物件を買いたいと思う人も少ないため、売却もしにくくなります。

そういった事を考えずに利回りだけで買ってしまうと、物件を持ち続けられなくなって安い値段で売却しなければいけなくなったり、借金だけが残ってしまう場合もあります。

修繕積立金がない物件を購入してしまった

修繕積立金の上昇をリスクとみられている方も多いですが、修繕積立金というのは物件という資産を維持していくために必要なコストです。
しかし、不動産を長期保有していく考えがない方は売却を前提としている為、修繕に必要になる適正な修繕金を積み立てずに適当に管理をします。

そのような不動産を中古で購入してしまうと、大規模修繕をする際に修繕金が不足する為に一時金が必要になります。
更に、その時に資金を準備できていないと、修繕ができない物件、美観維持ができない物件を保有していく事になります。

それが原因で家賃下落、長期の空室リスクへと繋がります。

新築の高い家賃設定に気づかずに投資してしまった

不動産の家賃は周辺の相場で決まります。家賃の相場を理解せず、月々の収支や利回りだけに着目して、収支が良いから良い運用、収支が悪いから悪い運用と判断すると、いざ運用を開始して数年経つと収支が急激に悪くなって失敗するケースがあります。

新築の場合は新築のプレミアム感で家賃を高めに設定しても入居者がつくため、簡単に収支を良く見せる事ができます。これに気づかず最初の収支が良いというだけで物件を購入してしまうと、2~3年後には家賃下落とともに収支が悪くなり、長期での運用が難しくなります。

長期的な運用を見据えて対策を練った投資を

失敗する人に共通しているのは、最初だけ「良くみえる」物件を買っているという事です。不動産投資は流動性が低い分、長期での運用が一般的には前提となります。

物件を購入した後に問題が発生しないか、リスクの部分をしっかりと見極めて対策を練ってから投資をしましょう。

資料請求・お問い合わせ頂いたお客様に
「失敗しない不動産4点セット」プレゼント!!

①書籍 ②動画カスタマーズレポート ③エピソードブック ④最新優良投資物件情報
プロパティエージェントでは専任のアドバイザーが不動産投資に関する相談を承っております。
まずは資料請求をして、疑問に思っていることや分からないことなどお気軽にお問い合わせください。

今だけ「失敗しない不動産投資4点セット」をもれなくプレゼントいたします。