不動産の知識習得や情報収集について その2:アドバイザーについて

はじめての不動産投資において、
アドバイザーの意見が大きく影響したと回答した人は43.2%!

全国の20代~60代の不動産投資経験者のへのアンケート調査から

 
全国の20代~60代の不動産投資経験した111人に、“不動産の知識習得や情報収集について”として、「知識」「アドバイザー」「貴重な情報」の3つの視点で調査を行いました。

“不動産投資経験者レポート”~不動産の知識習得や情報収集について~の2回目、「その2:アドバイザーについて」です。

はじめての不動産投資において、アドバイザーはいたのか?不動産販売会社の営業担当はアドバイザーになり得るのか?

はじめての不動産投資では、書籍、セミナー、Webサイト、ソーシャルメディアなどの方法で、知識習得や情報収集をすると思いますが、それだけでは十分とは言えません。知識習得や情報収集の過程で、疑問に答えてくれたり、書籍などでは入手できない情報を教えてくれるアドバイザーは、欠かせない存在だと言えます。

今回は、不動産経験者に、はじめての不動産投資の際のアドバイザーについて聞いてみました。

はじめて不動産投資を行った時、あなたの不動産投資に関するアドバイザー的な人は誰ですか?またどの程度影響を受けましたか?

「不動産販売会社の営業担当で、その意見は大きく影響した」と「アドバイザー的な人はいなかった」が25.2%という結果となりました。

次いで、「不動産販売会社の営業担当だったが、その意見は参考にする程度だった」が15.3%、「不動産販売会社の営業担当も含め複数人いて、その意見は大きく影響した」が 9.9%、「不動産販売会社の営業担当以外の人で、その意見は大きく影響した」が8.1%と続いています。

分かりやすくまとめると以下のようになりました。

  • アドバイザー的な人がいなかった: 25.2%
  • アドバイザー的な人がいた: 69.3%
  • アドバイザー的な人の意見は大きく影響した: 43.2%
  • アドバイザー的な人の意見は参考程度だった: 26.1%
  • 不動産販売会社の営業担当がアドバイザーだった: 57.6%
  • 不動産販売会社の営業担当の意見が大きく影響した: 35.1%
enq20160902_01

7割の方がアドバイザーを持ち、その情報を何らかの参考にしていたことがわかりました。

アドバイザーの意見が大きく影響した方も4割を超えていることから、不動産投資においてのアドバイザーの重要性を伺うことができました。

また、不動産販売会社の営業担当をアドバイザーとして考えていた方が6割近くいたことは興味深く、はじめて不動産投資を行う方にとって、不動産販売会社の営業担当という存在は、非常に重要な役割を担っているということがわかりました。

 
次は、不動産販売会社の営業担当の見極め方ついて聞いてみました。

不動産販売会社の営業担当が良いか悪いかを見分ける際、重要な点は何だと思いますか?(3つまで)

「良いことばかりではなく、マイナスポイントも教えてくれるかどうか」が57.7%と一番多く、次いで「不明点があった場合でもすぐに調べて回答してくれるかどうか」が39.6%、「こちらからの要望に関して対応が早く丁寧かかどうか」が36.0%という結果になりました。

enq20160902_02

全体を通してみると、「デメリットの説明」「誠実な対応」「迅速な対応」「説明・提案力」が、良い営業担当を見極める重要なポイントとなるようです。

 
最後に、対応が良くなかった営業担当のエピソードを聞いてみました。

あなた自身の経験もしくはあなたが耳にした、対応が良くなかった不動産販売会社の営業担当のエピソードを詳しく教えてください。

様々なエピソードをランダムに紹介します。

  • 売り急ぎ、契約をせかす。
  • 強引、感情的になる。
  • 売りたい一心で良いことばかり並べる。他人の成功例をお手本のごとく並べ立てる。これは条件も状況も違うことを念頭に話していない一番悪い例だと思う。
  • コミュニケーションが取れない。
  • 質問に対して、きちんとした回答がない。
  • 親身になってくれているように思えない。
  • 安さを進めるあまり、騒音や利便性を隠す傾向があった。
  • 良い話があると声をかけてくれるが、本当に良い話は持ってきてくれない。
  • 質問に即答できない。
  • 質問をすると、すぐに他の担当者を呼び、自分で回答してくれない営業の方がいた。
  • 根本的に、知識の欠落していた。
  • 良いところばかりを強調し、デメリットを教えてくれなかった。
  • 専門用語が多く、理解できなかった。
  • ゴリ押しされるのはイヤでした。
  • 交渉を急かす。
  • 比較検討する物件の詳しい資料を提示できなかった。
  • 次から次へと物件の魅力ばかり説明した営業がいた。
  • 時間とともに最初の説明と実態が一致しなくなっていた。
  • 儲かるとしか言わない。デメリットの話をしない。
  • 話が二転三転する。断ったはずのことが、進行している。
  • 指し値をしたにもかかわらず、金額を上げてきた担当者がいた。
  • こちらの求めているものや希望を理解していない。
  • 精査する前に、物件の買付をすすめてくる。
  • いいことばかり言って否定的な意見がとても少なかった。
  • 詳細の質問にすぐに回答ができない。
  • 割高な新築ワンルーム物件をしつこく勧められた。
  • 当初から物件購入に際して順調に進捗していたが、支払い段階になって物件が瑕疵担保物件だと言われ、解約金を支払ってキャンセルしたことがあった。

 
今回は、アドバイザーについて紹介しました。

調査概要

調査の企画:        プロパティエージェント株式会社
調査の目的:        不動産投資経験者への意識調査
調査方法:            Webアンケート
調査対象地域:     全国
調査母集団:        20代~60代の不動産投資経験者
調査対象者:        うちアンケートに回答があったユーザー
有効回答数:        111
調査の期間:        2016915

資料請求・お問い合わせ頂いたお客様に
「失敗しない不動産4点セット」プレゼント!!

①書籍 ②動画カスタマーズレポート ③エピソードブック ④最新優良投資物件情報
プロパティエージェントでは専任のアドバイザーが不動産投資に関する相談を承っております。
まずは資料請求をして、疑問に思っていることや分からないことなどお気軽にお問い合わせください。

今だけ「失敗しない不動産投資4点セット」をもれなくプレゼントいたします。