銀行にお金を預けておくことは正しい選択なのか

吉田 史朗様

point 日銀マイナス金利を導入。

2016年129日、日銀は“マイナス金利”という前代未聞の政策を導入することを決定した。
今までは、各銀行が日銀にお金を預けると利率はどうであれ利息を受け取ることができたが、今回の-0.1%というマイナス金利によって、銀行が日銀にお金を預けるとお金を支払うことなる。

これは、銀行と日銀間の話なので、私たちが預けている銀行預金に対して、私たちが銀行にお金を払わなければならなくなるということはないが、今後、銀行の利息がさらに下がる可能性は否めない。一般消費者にとっては、銀行にお金を預けるメリットはだんだんと少なくなるだろう。

別の見方をすると、ローンなどを組んでお金を使う場合、利子が低くなるというメリットもでてくる。自動車や不動産などの金額の高い買い物に関してはローンの利子が少なくなることで、以前より買い時だと言えるだろう。

こうした状況のなかで、一般的に行われている銀行預金が本当に正しい選択なのかを見極めることは非常に重要な時期に入ったのではないだろうか。

マンション投資経験者インタビュー
銀行にお金を預けておくことがバカバカしくなった
吉田 史朗様 大手コンサルティング会社勤務

customers03_image1 マンション投資実施前の不動産投資のイメージ

これまでに金投資や株式投資の経験はあった。でも、不動産投資に関しては、まったく自分の領域外。どちらかというと、リタイアメントされた資産が潤沢な方がやっているもの。パッシブインカムだけで生活できる、余裕ある方たちの世界だと思いこんでいたという吉田 史朗氏。
投資用マンションの情報にも接していたが、興味を持っていなかったので頭に入ってこない状態。無関係のものとして素通りしていた。

不動産に関心を持ったきっかけ

「いろいろ考えていくと、銀行にお金を預けておくことがバカバカしくなった」と率直に答えた吉田氏は、金利の低さだけではなく、それ以前の、銀行の存在意義に疑問を感じてきた。準備預金制度の問題とか、今、取り沙汰されているなか、マネーサプライのからくりって、結局は、本当はないお金を貸し付けてしまおうってことなんじゃないか。友人たちからは極端な意見だと言われたりしたが、私は、銀行にお金を預けることが決していいことだと思えない。子供の頃は単純に「貯金」は善いことだと教わってきたが、本当にそうかな、と。むしろ、銀行にキャッシュを預けることで、インフラの原因づくりに荷担してしまっているのじゃないか。それならば、バランスシートに残るお金の使い方を考えた方がいいと思った。

お金の有効な使い方として不動産投資を選んだのか?

準備預金制度とは、銀行が保有する預金の一定割合を日本銀行に預けるように義務づけている制度。現在の預金準備率は0.05%なので、簡単に言えば銀行は100万円を日銀に預けるだけで、その2,000倍の20億円まで貸し付けることが許される。9995%が本当は存在しないお金なのに…。こんな虚構のお金をつくりだすために銀行預金をするなんて、どこか変、そう感じた。それならば、タンジブルアセットを購入すべきだと思う。タンジブルアセットとは、実物資産のこと。金や石油、そして不動産もタンジブルアセット。貯金する人ばかりでは、経済が停滞するので。

不動産購入後の変化は?

急に収入が増えるわけではないが、マインドはだいぶ変わったと思う。意識が一歩踏み出せたというか、資産を持つ人のメンタリティを手にすることができた気がする。株式投資では、毎日の株価の変動に一喜一憂して落ち着かない日々が続く。不動産投資は中長期的にじっくり利益確保に取り組めるので、どっしり構えることができる。投資をしながら、本業にしっかり集中できるのはメリットのひとつだと思う。本業を持ちつつ、投資もするのが自分らしいスタイルだと感じる。 パッシブインカムだけで暮らす生活を目指そうかとも考えたが、やはりそれは自分らしくない生き方だと。

 

これからは考え方を変えることが必要!?

不動産投資は資金が潤沢にある一部の人がやるものだと考えている人は多い。現在不動産投資を行っている人も最初はそう考えていた人が多いと聞く。しかし、デフレが長引く日本経済の状況、東京オリンピックの開催、イギリスのEC離脱など、先行き不透明が状況のなかで、お金に関する考え方を変えていく必要があるのではないだろうか。
本アンケートでも、不動産投資を行っている方の多くは自己資金をあまり持たずに始めている。“投資”というものが、以前より身近になってきているのではないだろうか。

 

資料請求・お問い合わせ頂いたお客様に
「失敗しない不動産4点セット」プレゼント!!

①書籍 ②動画カスタマーズレポート ③エピソードブック ④最新優良投資物件情報
プロパティエージェントでは専任のアドバイザーが不動産投資に関する相談を承っております。
まずは資料請求をして、疑問に思っていることや分からないことなどお気軽にお問い合わせください。

今だけ「失敗しない不動産投資4点セット」をもれなくプレゼントいたします。