子どもの誕生をきっかけに考えるべきこと

point 結婚、出産など、人生には将来について考えなければならないいくつかのきっかけがある。
特に、子どもの誕生は、家族が増えるということ以外に、子どもの将来も背負うことになる。

現実的に考えると、出産、育児、教育、生活における費用は無視できない。
生活費に加え、出産費、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学…。
つまり、子どもを育てていくにはお金がかかるということだ。

実際に子育てをしている人を対象に国が調査をした、「平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査 内閣府政策統括官(共生社会政策担当)」のデータがある。

年間子育て費用総額(1人当たり)

  • 未就学児: 1,043,535
  • 保育所・幼稚園児: 1,216,547円。
  • 小学生: 1,153,541
  • 中学生: 1,555,567

上記は、衣類、食事、生活用品、医療、保育、学校、塾から、レジャー、お小遣いまでを含めたトータルの金額だ。

仮に、三年保育の幼稚園に入れた場合、一人の子どもを中学校卒業まで育てると、ざっと1700万円、これに、公立高校であれば学費だけでも3年間で約100万円超がかかり、高校卒業までとなると2000万円近くかかる計算となる。
これは、子ども1人当たりにかかる金額のため、2人、3人ともなれば、相当な金額がかかることがわかる。
さらに、夫婦の老後の将来設計も考える必要があるため、子どもができたとわかったら、早目に将来のことを真剣に考える必要があるだろう。

今回は、子どもの誕生がきっかけでマンションオーナーになった方を紹介する。

マンション投資経験者インタビュー
子供の誕生がきっかけとなって…
小澤 伸行様 ロジスティックス業界大手企業勤務

interview20160901_01不動産投資に関心をもったきっかけは?

法律事務所を振り出しに、海外を含め全国各地を動き回り、様々な職業を経験してきた小澤 伸行氏。
「変化すること、ウエルカム」という性格だったのため、転がり回ることを楽しんでいた時期があった。ところが、子どもが生まれたことをきっかけに、どこかに根を下ろした生活をしなければと感じて、現在の会社に転職を決めた。
子どもが生まれたことで、家族を含めた将来を考える状況が生まれ、資産運用にも積極的な考えが浮かんできたとようだ。いずれは不動産投資か株式投資くらいは始めたいと感じはじめた。

不動産投資のイメージは?

一定の資産が用意できなければできない投資だと感じていたが、今は、自己資金をベースに、融資と投資を上手につなげていくもの。自己資産だけでは限界があるため、当然融資を受ける。そして、融資で得た資産を上手に運用して、融資と投資を循環するようにつなげていくことがポイントだと考えている。
そうした考えから、自分が用意できる資金のリミットは2000万円くらいだと想定して、実行に移せるタイミングを見計らっていた。

不動産投資は有効なお金の使い方だと?

一般的には、不動産投資を貯蓄型の保険と考える方が多いと聞いている。そうした効果も期待できるが、中澤氏は、むしろ節税効果を含めたキャッシュフローに注目した。
家族のために居住用のマンションを購入したが、年末調整の住宅取得控除の欄を見て、これまでに自分が支払っていた所得税を現実的な数字で把握したことで、不動産が個人で経費計上できる資産だと気づいた。
中澤氏にとって、この仕組みは有効な手段だった。

借り入れのマイナスをメリットとして利用?

会社であれば利益を生み出すために使った経費を算出してP/Lを計上することができるが、個人のサラリーマンは経費計上できない。しかし、不動産投資は例外で個人でも費用計上できる。
唯一、プラスとマイナス相互のキャッシュフローをつくり出せる資産だと考えた。
繰り上げ返済も考慮して利益率を高める。そしてそれまでは融資によるマイナス効果を節税メリットとして活用する。
不動産はキャッシュフローをつくるためのツール。今後10年以内での売却は考えていない。

あなたにとって、不動産投資とは?

不動産投資は、インタラクティブな相互のキャッシュフローを生み出してくれる、唯一の資源。キャッシュフローを毎月チェックするのが楽しみで、成長具合にわくわくできる子供のような存在だと言う。リターンが出るようになれば、あとは手を放していても安心できるもの。
今の希望は、早く二戸目に着手することだ。

資料請求・お問い合わせ頂いたお客様に
「失敗しない不動産4点セット」プレゼント!!

①書籍 ②動画カスタマーズレポート ③エピソードブック ④最新優良投資物件情報
プロパティエージェントでは専任のアドバイザーが不動産投資に関する相談を承っております。
まずは資料請求をして、疑問に思っていることや分からないことなどお気軽にお問い合わせください。

今だけ「失敗しない不動産投資4点セット」をもれなくプレゼントいたします。