将来に向けて自分を守る手段を。早いスタートが絶対に有利

point 将来、年金がもらえなくなる可能性がある。
日本の年期制度は近い将来破綻する。

「年金問題」という言葉は、耳にしない日がないぐらいテレビや雑誌などで取り上げられている。
でも、これは最近発覚したことではなく、かなり前からこの問題は指摘されている。
しかし、年金問題は、その仕組み、運用について問題があるものの、それ自体を私たちがどうこうできる問題ではない。
であれば、その現実を受け止めて、個人でできる範囲の対策を立てることが重要となる。
副収入による将来的な貯蓄、保険商品の購入、株やFXなどの投資、投資信託、不動産投資…。
将来や老後にきちんとしておくべき手段は様々だが、一番重要なことは“行動を起こすこと”だ。

自己資金がないから今は無理かもしれない、投資の知識がないため躊躇している、リスクがあることはできるだけやりたくない…。

そう考えることもわからなくはないが、とにかく行動を起こさなければ、現状も将来も何もかわらない。タイミングは今である。

今回は、20代に行動を起こしたマンションオーナーを紹介する。

マンション投資経験者インタビュー
金融商品の知識を生かして早い対策を実施
吉村 時正様 生命保険会社勤務

interview20160701_01不動産投資のイメージ

不動産投資には疑問ばかりが湧いたとう吉村 時正氏。
新卒で地方銀行に入社し、現在は生命保険会社に。早くから金融商品の社会的役割に興味を抱き一貫して金融畑を歩いてきた。
マンション投資については、マンションの一部屋だけを購入して、その家賃を収入として得るというスキームに実感が湧かなかった。マンションと言えば、一棟買いの投資商品だと考え、投資信託に比べると、最初から大きな資金を必要とするので、自分にはとても手が出せないイメージを持っていた。大きな資金を投入しないとリターンが見込めない投資だと感じていた。一部屋を買うことにどんなメリットがあるのか。投資したとしても、将来的には資産が目減りしてしまうのではないか。地震などの災害も心配だ。そのように考えると、次々と疑問が湧いたのが不動産投資のイメージ。

銀行の金融商品との違いは?

マンションという現物に投資する感覚が理解できなかった。
例えば、投資信託の世界にはREIT(上場不動産投資信託)がある。投資家から資金を集めて不動産を運用し、そこで得た賃料収入を元に投資家に分配する金融商品のこと。株式市場や不動産市況とも連動するので、価格や収益の変動など、いくつかのリスクがあり、リスクに対応するには、仕組みについての理解が欠かせない。しっかりと知識を身に付けるまでは、自分では手は出せないと考えていた。不動産投資への印象も、その延長。しかし、営業担当の方と話すことで理解することができた。

納得できたことは?

早いスタートが絶対有利だと。
将来の人生設計にどう備えるか。年金の問題が顕在化してきた我々の世代では切実な問題だ。まずは保険での対応を実施した。でも、運用系の商品では、まとまった資金がないと十分な手が打てない。保険は、毎月の負担を強いられる。まだ29歳の身の上では、なかなか余裕ある選択は難しい。
不動産投資は、月々のローン返済は、家賃収入でカバーが可能。余裕ができて一括返済できるようになれば、家賃はそのまま収入になる。少ないキャッシュアウトでスタートできて、なおかつ将来的な資産形成にも繋がる。それならば、若いうちに始めるのが絶対に有利な方法だと納得できた。
それに、後になって、あの時にやっておけばと後悔したくなかった。備えるか備えないか、20代での決断は確実に将来を変えると思う。

早い決断はどうやってできたか?

何もしないことにはリスクがある、と言う。
西麻布と西横浜。29歳で投資用不動産を二件所有していることは珍しいことだろうか。自分では、金融系の知識を活かして、バランスのいいポートフォリオを組んでいるつもりだ。ポートフォリオ形成を考えたのは、事故もなく80歳、90歳くらいまで生きるとして、働けるのはいつまでだろう、と考えた時。
今何も対策を考えず、将来に苦労することもリスクのひとつ。それならば、今できることに対応しようと思った。でも、実際に印鑑を押す時は、さすがに手が震えた。年功序列が顕著だった時代には、融資対象に年収だけではなく年齢制限もあったからだ。
当時なら、20代の信用枠で不動産を取得することは難しかったのかもしれないが、せっかく広がった選択肢なので有効に活用したいと考えた。リスクをとる怖さはありましたが、何もしないことにも怖さもある。そうであれば、何もしないでいるよりもリスクをとってでも自分の意志で動くこと。それが自分らしい決断だと。

資料請求・お問い合わせ頂いたお客様に
「失敗しない不動産4点セット」プレゼント!!

①書籍 ②動画カスタマーズレポート ③エピソードブック ④最新優良投資物件情報
プロパティエージェントでは専任のアドバイザーが不動産投資に関する相談を承っております。
まずは資料請求をして、疑問に思っていることや分からないことなどお気軽にお問い合わせください。

今だけ「失敗しない不動産投資4点セット」をもれなくプレゼントいたします。